適齢期の女性にとって、結婚相手を探すことは大きな課題となります。

しかし、自分から積極的に婚活をすることにためらいを感じる人も多いものです。

そこで『待ち』の姿勢になり、自然に出会いが訪れないかと考えがちです。

ただ、そうして漫然と過ごすうちに年月が過ぎ、婚期を逃しては元も子もありません。

そこでおすすめなのが、思い切って婚活環境を変えてみることです。

40633373_30Y_R.jpg

具体的には、結婚相談所に入会してみるのも一つの方法です。

特にデータマッチング型の結婚相談所は全国規模で数万人もの会員を擁し、広く利用されています。

年間で30万円程度の費用はかかりますが、出会いの機会が飛躍的に広がるのが特徴です。

入会時には、自分自身のさまざまな情報と理想の結婚相手についての希望条件を登録します。

年齢差・収入・容姿・家族構成・趣味をはじめ、数多くの希望条件を設定できます。

こうしたデータに基づいてマッチングを行い、希望を最大限に生かせるお相手が紹介されます。

ですから理想の結婚相手に出会える確率が高くなるわけです。

結婚相談所には、他にも出会いの方法が準備されています。

たとえば担当カウンセラーによる引き合わせ・会報誌での交流・各地方で開催されるイベントやパーティーなどです。

このような出会いのチャンスを積極的に活用し、理想の結婚相手を探してみてはいかがでしょうか。

結婚相談所のデメリットは、料金が高いということです。

婚活パーティーや婚活サイトの料金は安く気軽に入会できますが、結婚相談所ではそうもいきません。

ちなみに全国展開している結婚相談所の料金相場は下記のサイトでまとめられています。

・サイト:結婚相談所@料金相場とコスパの高い結婚相談所はコチラ
・URL:http://www.socialinclusion.jp/
・内容:結婚相談所の料金相場っていくらぐらいなのでしょうか?婚活パーティーやマッチングサイトなどの婚活サービスと比較すると、かなり高いという印象があります。
確かに調べる見ると、一番安いのでツヴァイの10万円台。一番高い結婚相談所は、IBJメンバーズの60万円台というものでした。

料金的には高いですが、理想のタイプと出会うには一番確率が高い婚活サービスと言えます。

素敵な結婚相手を見つけるために、結婚相談所で出会いの場を広げてみてはどうでしょうか!?

女にひどい目に合わされたのでしょうか?

学生時代の友達の結婚式に呼ばれると、いろいろと憶測を呼ぶケースがあります。

例えばどういうことかというと、学生時代はモテモテだった友達がいました。

かわいい感じのタイプで、結構女の子からも告白されたりしていました。

性格的にもいい奴で、女の子とも誠実にお付き合いをしていたと思います。

彼は超面食いでかわいい女の子としかつき合わなかったのですが、それも納得できるぐらいのナイスガイだったのです。

そんな超モテモテだった男が、結婚式をするからということでお呼ばれしました。

社会人なってからはお互い忙しくて会う機会がなかったのですが、何年かぶりに会った彼は学生時代のルックスそのままのイイ男でした。

で、披露宴が始まり新郎新婦が入場となった時に目を疑ってしまいました。

格好いい彼の横に並んでいる女性は・・・ん!?ハリセンボンの春菜???

いや・・・角野卓造!? それともマイケル・ムーア監督???

ilm19_ca03026-s.jpg

とにかくびっくりしました。

あれだけ面食いでかわいい女の子とばかりつき合ってきた彼が、まさかのこの事態とは。

どこかの結婚サイトで知り合ったみたいだけど、てっきり寝技で決められてできちゃった結婚かと思ったらそうでもないらしいんです。

とにかくびっくりしたんですけど、本人が幸せならばそれでいいのかと思います。

僕の知らない何年かの間に、女にひどい目に合わされたのでしょうか?

結婚式の間中、友達との間ではそんな話題でもちきりでした。

国際結婚は大博打!

私は3年の交際を経て国際結婚しましたが、そのうちの2年は国際遠距離恋愛でした。

ca007b-s.jpg

仕事で彼の国に赴任したのをきっかけに知り合い、彼の日本人にはないおおらかさと純粋さに魅かれてつきあい始めました。

でも、つきあって1年で私は任期を終えて帰国。

私自身、外国住まいの寂しさとものめずらしさでつきあっているだけなのかもしれないという不安がありました。

もしお互い本気でないなら距離ができれば自然とだめになるだろうと試すような気持ちで遠距離恋愛に突入しました。

帰国後、お互いに仕事で忙しい毎日になりましたが、彼が毎日メールをくれたのが驚きでした。

携帯やパソコンでささっとメールができる私に比べて、彼は当時自宅にも職場にもインターネット環境がなく、毎晩会社帰りにインターネットカフェに寄って私にメールをしてくれていたのです。

それが1年続いたときに国際電話でプロポーズを受け、一時の盛り上がりではなく、この人となら生活を積み重ねていけるという信頼が芽生えていたのが結婚を決断できた理由です。

親に反対されるだろうな、説得するのは大変だろうな、と心配したのですが、意外と私の両親はあっさりと受け入れてくれました。

2年間の遠距離恋愛中、会ったのは彼の1週間の日本旅行と、婚約のために私が両親と1週間彼の国へ行ったときだけ。

今思うと大博打の結婚でした。

些細なキッカケで結婚しちゃいました

私が結婚したのは、25歳の時でした。

当時、3年程おつきあいしていた彼がいて、二人の関係はとても順調でした。

私は、なんとなく、将来はこの人と一緒になるんだろうなーと思っていました。

ですが、本当に「なんとなく」というだけで、特に結婚を言いだすことは無かったんです。

そんな私が、結婚したい!と思ったのは、友人の誕生日を祝った時でした。

私の同級生数人で集まって食事をしていた時、24歳から25歳になって、なんだか年を取ったねぇ~なんていう話が出たんです。

昨日までは20歳の方に近かったけど、今日からは30歳の方が近いもんねぇ~と、誰かが冗談を言って。

皆で笑い合いながら、私は内心で焦りました。

そうだ、このままダラダラしてたら本当に、あっという間に30歳になっちゃうんじゃないかって思いました。

それで、次に彼と会ったときに、この話をしたんですね。

このままだと、あっという間に三十路だよ!!って、急にそんなことを言われた彼氏も、びっくりの話題だったと思うんですけど(笑)

でも彼はまじめに話を聞いてくれて、そうかーそうだなー、じゃあその前に結婚しなくちゃなーっていう話になりました。

嬉しかったですね。

今になって思えば、彼も、言い出すキッカケがなかっただけで、私と同じ気持ちだったんでしょうね。

こんな些細なキッカケから、結婚を決めた私たちですが、あれから数年たった今も、円満に暮らしています。

あの時冗談を言ってくれた友人に感謝ですね!

長いつきあいの末の結婚

私と主人は幼稚園からの同級生です。

やんちゃなことばかりしていた主人は、かなり有名で地区のサッカーチームに所属し、私の父がコーチをしていたのでたびたび見に行き、主人のサッカーの上手さは秀でていたのを覚えています。

その頃から、主人の事が気になり始めていた気がします。

中学生になり、学区の統一によりまた同じ中学校になりました。

見た目もそれなりでスポーツ万能な彼は女子の注目の的でしたので、当然、私は相手にされず遠くで見ているだけの片思いでした。

それから2年がたち、相変わらず何も出来ないまま中学3年生になりました。

その後、主人とは接点が増えて、高校に入る前に付き合うようになりました。

お互いに付き合ったのは初めて同士だったので、話をする事や手を繋ぐなんて出来ませんでしたが、お互いの空気が合っているので一緒にいることが苦にも感じませんでした。

それから12年ほど経ち、私達は結婚しました。

お互いにやりたいことがあり、それを叶えた上で結婚したので今はお互いに穏やかに過ごしています。

日々、このままずっと一緒にいるんだろうなという気持ちはありましたので、プロポーズは特にありませんでした。

結婚するにあたり、主人は派遣社員でしたが、私は手に職を持っているため、特に気にはなりませんでした。

性格は短気なので、ただいま教育中です。